水彩画の世界 watercolor world

水彩画作品を発表したり、アートに関する情報を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水彩画 朝顔

水彩画 朝顔


朝顔をモチーフにしました。水彩絵の具がにじんで葉から花へ色が写ったりしていますが、そこもなかなか気に入っています。水をコントロールしすぎると、いまいち面白みが欠けてしまいそうな気がするので、しみたり滲んだりするのを逆に良しとして楽しんでいます。

テーマ: - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/01/11(金) 12:59:06|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水彩画:雨の中の桔梗

水彩画(watercolor):雨の桔梗


どこまで塗り込んで、どこまで水に任せるか、そこがいつもチャレンジになります。やり過ぎは禁物で、せっかくの透明感が台無しになるときもあります。花のシリーズでは、そこら辺を練習しながら、水彩画を学んでいます。水彩画でしか出せない透明感が出せた時が、水彩画を描く醍醐味でしょうか。

テーマ: - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/01/09(水) 12:20:22|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水彩画:雨の中の緑

雨の中の緑 水彩画の透明感を生かして描くのは難しいですが、旨くし上がった時には満足感があります。塗り込んで描く油彩とは違って、一歩下がってコントロールする感じだとおもいます。どちらかと塗り込み型なので、「一歩下がって」水に任せるのに慣れるのになかなか時間がかかります。

テーマ: - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/01/07(月) 07:40:04|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水彩画:夕暮れたんぽぽ

水彩画 watercolor たんぽぽ
透明水彩の具は、小学生の頃に誰でもが使う水彩の具よりも発色が良く、色の透明感が優れています。使用する紙は、コットンで出来たフランス製のアルシェや、ファブリアーノ(イタリア製)です。ファブリアーノは布のような凹凸があって、何となく気に入っています。小学生の頃、塗り込んでしまう癖があったので、学校で配られる水彩用紙ではぼろぼろに穴があいてしまったのを覚えていますが、コットンで出来た紙は丈夫なので、人によっては剃刀の刃や電動消しゴムを使って削り取ったりして、自分の狙った効果を出していますね。

テーマ: - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/12/18(火) 12:49:43|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水彩画:バラの刺

水彩画(watercolor)バラの刺


バラの花ってあまりに描き尽くされているので、既に頭の中に構築された”バラ”のイメージから離れて描くのはなかなか難しいですね。どんなに美しく描こうと思っても、生身のバラには勝てないし、かといって新しい表現法といっても、もういろんな形で表現され尽くしてしまっているようで、気が引けてしまいます。それで、ほんのりバラを匂わせる程度でバラの葉や茎にフォーカスしてみました。バラはやっぱり難しいです。

テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/12/17(月) 09:52:56|
  2. 水彩画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
00-bn-net-c.gif

プロフィール

あふるぅ

Author:あふるぅ
FC2ブログへようこそ!
バナー
水彩画の世界

ご自由にリンクして下さい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。